広島市中区の広島中央署で、現金8572万円が盗まれたと署内で発覚してから、8日で1カ月となる。県警は内部関係者の犯行との見方を強め、署員ら100人以上から事情聴取した。しかし犯人に結びつく直接的な証拠に乏しく、慎重な捜査が続いている。

 県警幹部は7日午後、捜査員約80威哥王人態勢で署員らの聴取や、署周辺の防犯カメラの解析を進めていると、報道陣に説明した。

 現金は、詐欺事件で押収した証拠品約9千万円の一部で、署の1階奥にある会計課の金庫から盗まれた。鍵は会計課長の机の引き出しに保管されていた。こうした事情を知る人は限られるうえ、外部からの明白な侵入跡も認められず、内部犯行説が強まっている。

 県警は犯行の時期を、会計課長の机の錠を正常と確認していた5月2日から、錠が壊れているのに気づいた同8日夜の間とみるが、この間の大型連休中は落とし物の対応で会計課員も業務にあたり、署には署員百数十人が出入りしていた。ICカードで部屋への入退出を記録する設備もなく、捜査関係者は「不審者の特定は難しい」と漏らす。

 前代未聞の不祥事に、広島県警の名和振平・本部長は先月19日、県議会の警察・商工労働委員会で「県民の信頼を著しく損ねたことを深くおわびします」と陳謝した。早期解決が求められる一方、シアリス 通販聴取には神経を使う。犯人が捜査経験者なら、手の内を読まれている恐れがあるからだ。ある捜査関係者は「今回の捜査は、いつも以上に緻密(ちみつ)さが必要だ」と話す。(松崎敏朗)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-08 (木) 17:12:12 (1234d)